入社してから「合わなかった」じゃもう遅い

就活 キャリア

先日某税理士法人に入社した、かなり優秀な先輩にお会いしたところ、もう仕事を辞めたい(入社8ヶ月)というようなことをおっしゃっていました。自分の頑張りに見合った報酬が得られないことと社員の人とと折り合いが合わないそうです。

もしこの方がこの状態で辞めると評価されない企業が多く存在しますし、どうせ転職するならキャリアアップのための転職の方が断然よいです。しかし、この人がそうなるためには残り2年間を嫌な職場ではたらかなくてはいけないです。。

この人が悪い訳ではありませんが、これから進路を決める皆さんはそうならないためにも、たくさんの企業を視野に入れた就活をしてください。(この方は早期に内定が出てしまい、早めに就活を終えてしまいまったために、結局合わなかったということになっています。)

今、現状としては下記の2つだけだけでも気に止めておいてください。

1. 最低3年は働けるような業務内容、理念であること。
入社前、社員から会社の雰囲気はわかるかもしれませんが、1個上の社員、また同期はどんな人がいるかどうかはわかりません。会社の判断基準を社員ありきで決めるのはやめましょう。
仕事や理念が変わることはまずないので、最低3年間は働くモチベーションを保てる業種や企業を選んでください。

2. 入社する企業の選択肢を複数以上持っている
一つの企業しか内定が出ていなくてその企業にいくのと、複数の内定を持ち、その中で一番行きたい企業を選んでその企業にいくのとではモチベーションが全く変わってきます。(ちなみに今の就活状況で複数の内定を持っていることを把握できていない企業はほぼありません。統計では半分の学生は10月1日時点で2つの内定を持っています。)
なので気にせずいろんな企業を受け、内定を取れれば内定を取り選択肢の幅を増やしください。

以上2点が最低限気をつけて欲しい留意点です。

これからの長い人生を失敗しないよう、頭の片隅にでも入れておいてください!

関連記事

  1. コンサルのケース対策(網羅)

    以下、コンサルのケース面接(とグループワークの基礎)の対策の基本的なもの全てです。 コンサ…

高倍率GD完全攻略記

  1. グループディスカッションとは
    就活生の方はよく終わりだとは思いますが、よく企業の選考ではグループディスカッション(GDとも呼ばれた…
  2. グループディスカッションでは見られるポイントというものが存在していますが、それは企業が何を重視し…
  3. グループディスカッションの基本的な進め方について解説します。最後に、グループディスカッション…
  4. グループディスカッションで使えるフレームワーク(枠組み、箱)の一覧です。 戦略を考える際に…
  5. グループディスカッションで建設的に話すやり方をお伝えしましたが(参考)、 議論の進め方を具体的…
  6. グループディスカッションで実際に使えるテクニックの解説です。 要素列挙 議論の要素を提示…
  7. 同意語反芻・・・相手の言葉を否定せずに、意見を受容した上で自分の意見を重ねるテクニックです。 …
  8. グループディスカッションには3タイプの立ち位置がある グループディスカッションについて、ジョブ…
  9. 高倍率のグループディスカッションって、当たり前ですが、よく落ちます。 一人とか二人しか通らないよう…
  10. 下図は、グループディスカッションで発揮される3つの能力(論理力・ファシリテーション力(議論を前に進め…

著者プロフィール

慶應GD練習会代表:迫田良平(慶應理系の起業家)
著者の詳しいプロフィールはこちら→詳細

19年卒会員募集中

慶應GD練習会の運営は基本LINE+ブログ+練習会の三つで行われています。

 

キャンペーン情報、選考締切情報、最新就活対策情報などはこのLINEでしか入ることができません。そして、このLINE会員の99%の学生が早慶以上(慶應、東大、京大、早稲田、一橋、上智、他数名)となっています。
※意識が高い学生、行動が早い学生はすでに登録しているということです。

 

もしこのブログを見ているにも関わらず登録がまだであれば、以下から登録することを強くおすすめします。

↓   ↓   ↓

友だち追加
ページ上部へ戻る