GDで意識すべき5つのチェックポイントとは?

GDで注意すべき5つのチェック項目とは?
コンサル業界を中心に、多数の学生を一斉に振るいにかけることができることができるとして昔から多くの企業が選考フローの一環として取り入れているグループディスカッション(GD)ですが、あなたはそのグループディスカッションを受ける際に何を意識していますか?

おそらく、大抵の就活生が「自分をアピールする!」の一点張りで”グループディスカッション”に対する対策意識ではなく、”選考”に対する対策意識になってしまっているのではないでしょうか?

しかし、その意識のままではグループディスカッションで落とされてしまう可能性が十分にあります。

そこで、今回『最低限』意識して欲しい項目を5つ紹介致します。それらのチェック項目に全てチェックができているか?確認してみてください。

そもそもなぜGDが他の選考とは違うのか

チェック項目を紹介する前に、そもそもなぜグループディスカッション(GD)では対策意識を変えなければいけないのかについて解説します。

GDと他選考との違い

グループディスカッション(GD)と他選考との違い、それは「自分の主張の矛先が採用担当者か、それとも同じように選考を受けるライバル(学生)か」の違いです。

グループディスカッションでは自分の主張をライバルに向けつつ採用担当者にアピールしなければならないのです。

それ故、どんなに面接が得意な人で外資の選考であろうと常勝している人であったとしても落ちてしまう可能性があります。

そのため、グループディスカッションに対しての対策すべき意識をしっかりと持っていなければ、グループディスカッションを攻略することは難しいのです。

GDで意識すべき5つのチェック項目

では、グループディスカッション(GD)では対策意識を変えなければならないことがわかったところで、9つのチェック項目を紹介していきます。

まずはしゃべり始める

まず、グループディスカッションの大前提とも言えることですが 、グループディスカッションが始まったら「しゃべり始める」ことが最重要です。喋らなければそもそも面接官にアピールすることすらできません。

また、初めの方に喋っておくと、その後もしゃべりやすいという傾向があります。(筆者の個人的な意見です。)1回喋った後に中盤でまた議論に参加しているのと、全く喋っていなかったところで議論に参加していくのでは、自分的にも周りの雰囲気的にも前者の方が圧倒的にしゃべりやすいということは想像できるのではないでしょうか?

何はともあれ、グループディスカッションが始まったら必ず3分以内に1回以上は発言し、終始発言することを念頭においておきましょう!

人の話をしっかり聞く

人の話をしっかり聞くことも最重要項目の一つです。どんな仕事であろうと人の話を聞けないようではビジネスパーソンとしてやっていけません。

エンジニアであれば依頼主(上司等)、社長であれば従業員、政治家であれば国民の声を必ず聞いた上で、考えを示していますよね?それと全く同様で、他の人の意見を聞いた上で議論を進めなければなりません。(これがクラッシャー(議論を壊す原因になる人)の対策にもなることがあります。)

しかし、人の話をしっかり聞くってとても抽象的ですよね?そこで具体的な手法を2つ、お伝えします。

話している人の話のメモをとる!

話している人のメモをとることにより、話している側も採用側も、「あ、こいつは話聞いてるな」と思います。

人の話に頷く

もしメモをとることが叶わなかったら相手の話に頷いてください。

以上が具体的な手法です。意識するだけですぐに実践可能なので、必ず意識して上記二つの内一つをやるようにしましょう。

相手を否定しない

 
これはかなり難しいスキルなのですが、相手を否定しないことも重要です。否定をすることはグループの雰囲気を悪くする可能性もありますし、 面接官の評価も下げてしまいます。

もし、明らかに間違った意見で議論が進もうとして妨げようとしたいなら以下の2点に注意して指摘するようにしましょう。

  • その意見が間違っている根拠を示すこと
  • 疑問系で意見を投げること

この二つを意識しておけばマイナスの評価を受けることはまずありません。(正しい議論なのに、止めてしまう等でマイナスの評価を受けることはありますが。。)

基本的には否定はなし、全員の意見を取り入れる姿勢を見せつつ、論点からずれた発言、事実とは相違のある発言には上記2点を気をつけて発言しましょう。

全員にアイデアを募る

これはファシリテーション能力をアピールするのにもってこいです。特にコンサルに必要なスキルですが、要はまとめることができるかどうかです。

一人の不満を持つこともなく、全員の意見を汲み取り議論した上でこそより精度の高いグループディスカッションができるという前提を意識しておいてください。

業界によって見られるポイントが違う

自分が受けている業界がどのような業界なのかということを意識してグループディスカッションに望むようにしてください。具体的な業界別の対策方法は、「慶應GD練習会」へ実際に来た人にしかお伝えしていないのでここには記載しませんが、例えば商社であるのにロジカルを駆使して次々に一人で議論を進めて行ったとしても、それはむしろマイナスに捉えられ、そのグループディスカッションでは落ちてしまいます。

このように、自分の受ける業界がどういった業界、企業なのかということを意識した上でグループディスカッションに望むようにしてください。

まとめ

以上がGDに望む際に必ず意識しておかなければならない5つです。

これは基本ですが、これを意識して望むだけでも全く違ったものになるので、必ず念頭におきならがら議論するようにしましょう。

関連記事

  1. コンサルのケース対策(網羅)

    以下、コンサルのケース面接(とグループワークの基礎)の対策の基本的なもの全てです。 コンサ…

高倍率GD完全攻略記

  1. グループディスカッションとは
    就活生の方はよく終わりだとは思いますが、よく企業の選考ではグループディスカッション(GDとも呼ばれた…
  2. グループディスカッションでは見られるポイントというものが存在していますが、それは企業が何を重視し…
  3. グループディスカッションの基本的な進め方について解説します。最後に、グループディスカッション…
  4. グループディスカッションで使えるフレームワーク(枠組み、箱)の一覧です。 戦略を考える際に…
  5. グループディスカッションで建設的に話すやり方をお伝えしましたが(参考)、 議論の進め方を具体的…
  6. グループディスカッションで実際に使えるテクニックの解説です。 要素列挙 議論の要素を提示…
  7. 同意語反芻・・・相手の言葉を否定せずに、意見を受容した上で自分の意見を重ねるテクニックです。 …
  8. グループディスカッションには3タイプの立ち位置がある グループディスカッションについて、ジョブ…
  9. 高倍率のグループディスカッションって、当たり前ですが、よく落ちます。 一人とか二人しか通らないよう…
  10. 下図は、グループディスカッションで発揮される3つの能力(論理力・ファシリテーション力(議論を前に進め…

著者プロフィール

東京GD練習会代表:迫田良平(慶應理系の起業家)
著者の詳しいプロフィールはこちら→詳細

20年卒会員募集中

東京GD練習会(旧慶應GD練習会)の運営は基本LINE+ブログ+練習会の三つで行われています。

 

キャンペーン情報、選考締切情報、最新就活対策情報などはこのLINEでしか入ることができません。そして、このLINE会員の99%の学生が早慶以上(慶應、東大、京大、早稲田、一橋、上智、他数名)となっています。
※意識が高い学生、行動が早い学生はすでに登録しているということです。

 

もしこのブログを見ているにも関わらず登録がまだであれば、以下から登録することを強くおすすめします。

 

↓   ↓   ↓

 

友だち追加
ページ上部へ戻る