業界分析〜金融業界編〜

金融業界の業界分析の参考にしてください。

金融業界ってどんな業界?

金融業界とは簡単にいうと、お金を取り扱って商売をする業界です。
その業態は様々で、銀行、信用金庫、ノンバンク、リース業保険会社、証券会社などが挙げられます。
その中でも細かく分類されたり、また、顧客のニーズに応じて業態が変化したり新しいタイプの金融期間が生まれたりと、変化の激しい業界だと言えます。

キャリスタFINANCEというサイトでは、業界を5つ(銀行/証券/保険/カード/リース)に分類し、それぞれ図で解説していてわかりやすいので、もし細かく知っておきたいという方がいれば見てみてください。
銀行=>https://job.career-tasu.jp/finance/guide/industry_research/001/#start
証券=>https://job.career-tasu.jp/finance/guide/industry_research/002/#start
保険=>https://job.career-tasu.jp/finance/guide/industry_research/003/#start
カード=>https://job.career-tasu.jp/finance/guide/industry_research/004/#start
リース=>https://job.career-tasu.jp/finance/guide/industry_research/005/#start

金融業界の現状

金融業界の市場規模は、おおよそ60兆5000億円、123業界中6位となっています。(参考)

平成27年でみると、銀行、証券はやや低下、他はやや上昇となっています。
先日三菱UFJが発表した「従業員1万人削減」(参考)やみずほ総合研究所が発表しているレポート(参考)からも、仕事が早期に人間から機械に代替される仕事であると言えます。

金融業界に就職するためには

今まで金融業界に就職するには、高学歴で少し対策していれば余裕といった形でしたが、今後人員が削減されていくことからも”高倍率化”する可能性が大いにあります。
すでに一部の外資金融等では新卒では一切採用せずに、優秀な中途の採用しかしないといったところもあります。そのため東大生であっても、業界分析を含めた対策を念入りに行っていく必要があります。

金融業界で働くメリット

金融業界で働くメリットとしては、やはり給与が高いことが挙げられます。今後どうなるかわかりませんが、現状の日本や諸外国のビジネスモデルでは、金融、商社、コンサルは年収が高い業界となっているので、それは魅力の一つであると思います。また、それに伴って、社会的地位も確率されているため、異性への好感や親界隈への好感も期待できます。
また、業界特有の特徴としては、上期、下期で一度ずつ、9連休を取得できることも魅力の一つです。これは不正防止の役割があるのですが、そんなのはお構いなしに旅行とかめっちゃいけます!

金融業界で働くデメリット

金融業界で働くデメリットとしては、仕事がきついことです。高い給与の仕事は基本そうですが、つらいです。高い給与もらってて辛くないのは、私の中で企業家を含めた経営者、上の方の管理職以外知りません。
金融業界では、業種によってですが、ノルマを課せられ精神的にも追いつめられることが多々ありますし、営業の場合、商品を販売するのに資格が必要なものが多いので、入社後しばらくは試験の勉強だったりします。それを覚悟の上で入社する必要があります。

まとめ

金融業界を考えている人は、上記も考慮した上でどうするか考えてみてください。
※とりあえず受けておくのは、全然OKです。

関連記事

  1. コンサルのケース対策(網羅)

    以下、コンサルのケース面接(とグループワークの基礎)の対策の基本的なもの全てです。 コンサ…

高倍率GD完全攻略記

  1. グループディスカッションとは
    就活生の方はよく終わりだとは思いますが、よく企業の選考ではグループディスカッション(GDとも呼ばれた…
  2. グループディスカッションでは見られるポイントというものが存在していますが、それは企業が何を重視し…
  3. グループディスカッションの基本的な進め方について解説します。最後に、グループディスカッション…
  4. グループディスカッションで使えるフレームワーク(枠組み、箱)の一覧です。 戦略を考える際に…
  5. グループディスカッションで建設的に話すやり方をお伝えしましたが(参考)、 議論の進め方を具体的…
  6. グループディスカッションで実際に使えるテクニックの解説です。 要素列挙 議論の要素を提示…
  7. 同意語反芻・・・相手の言葉を否定せずに、意見を受容した上で自分の意見を重ねるテクニックです。 …
  8. グループディスカッションには3タイプの立ち位置がある グループディスカッションについて、ジョブ…
  9. 高倍率のグループディスカッションって、当たり前ですが、よく落ちます。 一人とか二人しか通らないよう…
  10. 下図は、グループディスカッションで発揮される3つの能力(論理力・ファシリテーション力(議論を前に進め…

著者プロフィール

東京GD練習会代表:迫田良平(慶應理系の起業家)
著者の詳しいプロフィールはこちら→詳細

20年卒会員募集中

東京GD練習会(旧慶應GD練習会)の運営は基本LINE+ブログ+練習会の三つで行われています。

 

キャンペーン情報、選考締切情報、最新就活対策情報などはこのLINEでしか入ることができません。そして、このLINE会員の99%の学生が早慶以上(慶應、東大、京大、早稲田、一橋、上智、他数名)となっています。
※意識が高い学生、行動が早い学生はすでに登録しているということです。

 

もしこのブログを見ているにも関わらず登録がまだであれば、以下から登録することを強くおすすめします。

 

↓   ↓   ↓

 

友だち追加
ページ上部へ戻る